117に寄せて

阪神・淡路大震災から24年となる1月17日を迎えました。
いまなお悲しみや苦しみを抱えるすべての方へ心よりお見舞い申し上げます。

 

市民活動センター神戸は「市民による追悼行事を考える会」に呼びかけ人として参画しています。当団体が主催する追悼行事はありませんが、今日は各地で当時に思いを寄せる集会や訓練などが行われています。

震災の記憶風化が懸念される中、お近くの会場へお運びいただいたり、それぞれの場所で思いを寄せたりするひと時をお過ごしいただければと願います。

 

震災をきっかけに活動を始めた私たちは、これまで歩んできたまちづくり、暮らしづくりへの取り組みを絶やすことなく、これからも伝え続けて参ります。